FC2ブログ

亜種チョウセンウグイス@飛島






亜種チョウセンウグイス
スズメ目ウグイス科
体長不明(ウグイスよりも大きい)
撮影 2017.5.3 山形県飛島

校庭のベンチで休んでいると、正面の木にウグイスのような鳥が止まった。
ウグイスのようだが、かなり大きめに見えた。色合い、その他の雰囲気が見慣れたウグイスとはかなり違う。
亜種チョウセンウグイスの記録は聞いていたので、これがそうではないかと思った。

現在、日本産鳥類目録にはウグイスの他、
カラフトウグイス
 チョウセンウグイス
 ハシナガウグイス
 ダイトウウグイス
 リュウキュウウグイス
の5亜種が記載されている。
その他、亜種チョウセンウグイスと似た亜種タイワンウグイスが確認されている。
なお、ダイトウウグイスはすでに絶滅したと言われているが、沖縄で生息しているのではないかという報告が2002年にあった。

上の6亜種のうち、ダイトウウグイスを除外し、代わりにタイワンウグイスを入れた6亜種で考えて見ると、チョウセンウグイスとタイワンウグイスが外国産、その他の4亜種が日本産と言える。

チョウセンウグイスは頭部が赤褐色で、ウグイスのようなオリーブ色味はなく、嘴もウグイスよりも太い。
タイワンウグイスはチョウセンウグイスよりも赤味が強く、嘴はさらに太く短いらしい。

チョウセンウグイスはウグイスよりも大きいようだが、ウグイスの亜種に関しては♂の方が♀よりもはっきりと大きいので、ウグイスの♂とチョウセンウグイスの♀では逆転するのかも知れない。
実際に見た印象ではウグイスよりもかなり大きめで、♂の可能性が高いように思えた。
声を聞くことは出来なかった。

ちなみに、中国での日本産ウグイスの確認例は、多くがチョウセンウグイスの誤認であると言う。
また、日本国内でもカラフトムジセッカとチョウセンウグイスの誤認例があるらしい。
カラフトムジセッカとは大きさが異なり、見た目の印象も違っていたので、この場合はカラフトムジセッカの可能性はない。
その件があったからではないが、一応尾羽が10枚であることがわかる写真を載せて置きたいと思う。
ウグイスは尾羽が10枚(スズメ目の場合、ほとんどが12枚)しかなく、他の鳥との識別には決定的な特徴になる。

チョウセンウグイスは亜種ではあるが、確認例は少なく、珍鳥と言って差し支えないと思う。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア