FC2ブログ

今年のフィールドワークから

■1月3日
大洗港でシノリガモを観察していると、居合わせたバードウォッチャーが「コクガンが5羽いる」と教えてくれた。
以前、別の場所の探鳥会で案内をしていただいた方だった。
正月早々、いい出会い。いい年になりそうだったが。。。


コクガン3羽とシノリガモ♀(右)、アカエリカイツブリ(左)


■1月20日
利根川河口部で車を走らせていると、川の中に大きな鳥がいるのを見つけた。


ハシジロアビ幼鳥。
ネット上でもこの個体の写真は見つからない。
はっきりとした幼羽の写真は珍しいと思う。貴重な体験だった。


■1月22日
多々良沼に行くと、サカツラガンがいた。


ガチョウの原種になった鳥。


■1月30日
ひたちなか市の平磯海岸でカナダカモメを見つけた。銚子以外では初めての観察。




■2月6日
うちの会としては初めて、北本自然観察公園での探鳥会を行った。
キレンジャク、ヒレンジャク、ヤマシギなど、この場所ならではの探鳥が出来た。


ヤマシギ


■3月6日
恒例の銚子探鳥会。
観察会でクロワカモメを観察できたのは何よりの成果だったと思う。



・・・・・・

ここまでの探鳥は頗る順調だったが、その5日後に暗転した。
その後しばらく、通常のフィールドワークが全く出来なくなった。
自分のフィールドも大きな被害を受けたところが多いが、家族も家も無事だったのが何よりだと思う。

・・・・・・

■3月27日
その鳥をめぐる状況を考えると気が進まなかったのだが、夏羽に変わりつつあるキガシラシトドを見てきた。
すでに大した人数ではなかったが、何とも居心地の悪い鳥見だった。今後はなるべく(あくまでも「なるべく」だが)こういう鳥見は願い下げにしたい。


これは今回初めて出す写真。


■4月3日
震災後初めての探鳥会。
無事を確認しあう。
鳥見の最中にも余震が続く。

・・・・・・

離島探鳥には行けなかった。
行くことは可能だったが、余震も続く中、数日家を空けるのは難しかった。

航路探鳥も出来なかった。
それも可能だったが、津波の被災地を眺めながら行くのはためらいがあった。
北海道の探鳥も出来ればやりたかった。

三番瀬は今も立ち入り禁止になっている。
ここに行けないと、干潟の鳥の観察は難しい。やっぱりここは凄い場所だったと改めて思う。

茨城県南地方、春のシギチの渡りはまずまずだったが、秋の渡りは低調だった。
九十九里方面、夏のアジサシ類は全くダメだった。

・・・・・・

■9月23日
白樺峠でのタカの渡り観察。
生涯にそう何度もないだろうという、感動的な光景だった。
今年、一番よかったと思えるのはこの日だった。

■10月22~23日
我孫子市で毎年行われる「ジャパン・バード・フェスティバル」に今年も参加。
賞は取れなかったが、いい展示が出来たという実感がある。

・・・・・・

この冬はどこに行っても鳥が少ない。
そういう話題で持ちきりだった。
今年だけの傾向であればいいが、震災の影響などどこまであるのか、若干の心配がある。

・・・・・・

■12月25日
今年14回目の銚子。
カモメ類は非常に増えた。


漁港の奥にはこんな鳥がいた。
コアホウドリ。
500mほど離れていたので、デジスコでもこんな風にしか撮れなかった。
今年は船に乗らなかったので、アホウドリ系は無理だと思っていたが、思いがけずこれが今年のイヤーリスト掉尾を飾ってくれた。

と思っていたら。。。。。。

最後にもうひとつあった。
それはまたいずれ出す機会もあるだろうと思うが、今日はこれまで。


今年も見ていただき、ありがとうございました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア