FC2ブログ

シラコバト




シラコバト
ハト目ハト科
体長32cm
撮影 2017.4.2

キジバトよりやや小さくて細く、尾羽は長目である。
全体に淡い灰褐色で、雌雄同色だが、♂の方が濃いらしい。
声はキジバトとは明らかに違い、「ポッポーポー」と特徴的な3音節で鳴く。
ヨーロッパからインド、東南アジアなどに広く分布する。

江戸時代に狩猟用として大陸から移入されたものが野生化したと言われていて、そうだとすればコジュケイと同じ境遇である。
戦後急激に数が減り、埼玉県越谷市周辺で少数が生息していた。
1956年には国の天然記念物、1965年に埼玉県の県鳥に指定された。
その後は埼玉県東部を中心に生息数が増えたが、2000年以降に激減した。
原因は、生息環境の変化や、猛禽類の増加などと言われているが、詳細は不明である。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア