FC2ブログ

オオハムとシロエリオオハム

オオハム(千葉県銚子)
シロエリオオハム(茨城県旧波崎町)

撮影 2017.2.11

現在の分類は、キジ目キジ科から始まっているが、以前の分類はアビ目アビ科から始まっていた。
だから図鑑の1ページ目は、アビ、オオハム、シロエリオオハムという順番で、初心の頃には聞きなれない名前に戸惑ったものだ。

アビ類は総称して、”Diver”あるいは”Loon”と言う。(日本では一般的に”Diver”を使っている)
”Diver”は、この仲間がよく潜るからだろう。
”Loon”はハシグロアビの鳴き声に由来している。
ハシグロアビは日本では極めて稀な迷鳥だが、北米では最も普通に見られるアビである。
その「ルウウウウン」と聞こえる鳴き声は、1981年公開のアメリカ映画「黄昏」の中で象徴的に使われた。
主演のキャサリン・ヘプバーンが鳴きまねをしてハシグロアビを呼び寄せるシーンが印象的だった。
映画の中では単に”Loon”,字幕では「アビ」となっている。
「アビ」と「ハシグロアビ」は違う、とクレームを言うのは、バードウォッチャーの悪い癖かも知れない。

なお、アビ、オオハム、シロエリオオハムの声については、手元のCDにも収録されていないので、詳細はわからない。




シロエリオオハム
成鳥冬羽
のどにチン・ストラップがあるのが、本種の特徴とされる。
日本で見られるのは、シロエリオオハムが多いと言われている。







オオハム
幼鳥
頭が平らに見え、嘴も若干太くて長い傾向
チン・ストラップがない。
3羽の小群になっていた
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア