FC2ブログ

車の給油口のこと


エアコンの温度調節が出来なくなり、ディーラーで部品を交換してもらった。
乗り出して3年が過ぎたが、パンクなどの外的要因を別にすると初めてのトラブルだった。
そう言えば、アイドリングストップの時、エアコン廻りから変な音がしていた。
やっぱり異音がするというのは、トラブルの前兆であることが多い。


ところで給油口の話

車の給油口は、運転席側(右)と助手席側(左)についているものが混在している。
メーカーによって違うわけでもない。同じメーカーでも左右両方ある。
自分の車は左側である。
何台か乗り継いで来たが、全て左側だった。
街を走っている車を見ても、左側の方が優勢に思える。
給油口をどちら側に付けるかについては決まりはないようだが、安全性を考え、マフラーと反対側に付ける傾向があるようだ。
マフラーは歩道と反対側、つまり右側から出すことが多いので、給油口は左側という車が多いということがどこかに書いてあった。

給油口が左右に分かれていることのメリットを考えて見る。
ガソリンスタンドの給油機の多くは、左右どちら側にもホースが付いているので、車の給油口の割合が左右同程度なら、ガソリンスタンドで車が片側に集中することがなくなるはずだ。
実際には左側の車が多いので、そのメリットは生かされていない。
自分が行くスタンドは、給油機が8台ほどある大きなスタンドなのだが、大抵左側の車が集中するため、給油機の左側(つまり右側用)がガラガラということが多い。
実際にはここの給油機は、ロングホースタイプと言ってホースが長く伸ばるのだが、このことは意外に知らないドライバーが多い。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア