FC2ブログ

マーラー/歌曲集「子供の不思議な角笛」


マーラー/歌曲集「子供の不思議な角笛」

 1 死んだ鼓手(B)
 2 うき世の暮らし(S)
 3 無駄な骨折り(S+B)
 4 ラインの伝説(S)
 5 少年鼓手(B)
 6 歩哨の夜の歌(B+S)
 7 この歌をひねり出したのはだれ?(B)
 8 高遠なる知性のおほめの言葉(S)
 9 魚に説教するパドヴァのアントニウス(B)
10 塔の中の囚人の歌(B+S)
11 不幸の中の慰め(B+S)
12 美しいトランペットの鳴り渡るところ(S+B)

エリザベート・シュヴァルツコップ(ソプラノ=S)
ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン=B)
ジョージ・セル指揮ロンドン交響楽団
1969年録音のLP

「子供の不思議な角笛」は、ルートヴィッヒ・アルニムとクレメンス・ブレンターノが収集したドイツの民謡詩集で、ドイツのマザーグースと呼ばれる」こともあるが、同時期に編集されたグリム童話と並んで、ドイツの代表的な民族的遺産とされる。
この中にはおよそ600篇のテキストが含まれていて、多くの詩人や音楽家がこれを創作の源としたが、やはり最大の貢献はマーラーによるものだろう。

マーラーの「子供の不思議な角笛」は1905年に12曲の歌曲集として出版されたが、その後色々な変遷がある。
交響曲第2番、第3番に転用された「三人の天使が歌った」と「原光」をはずし、「死んだ鼓手」「少年鼓手」の2曲を加えて12曲としたものがこのレコードで採用されている。
またこの曲集には入っていないが、「子供の不思議な角笛」をテキストとし、のちに交響曲第4番に転用された「天上の生活」も関連が深く、そのため交響曲第2、3、4番を合わせて「角笛交響曲」と呼ばれている。
「魚に説教するパドヴァのアントニウス」のメロディも、交響曲第2番の第3楽章に使われているほか、複数の曲で交響曲第5番との関連も指摘されている。
このようにマーラー前期の交響曲との深い関係を考えると、この歌曲集の重要性は明らかだ。

なお、演奏の順序は演奏者にまかされている。
このレコードのように、男声と女声、曲によってはデュエットで歌うこともあるが、その使い分けはさまざまである。
一人で全曲を歌うことも可能だが、そういう盤は少ないようだ。
選曲とも合わせて、演奏者の自由度が高い曲集であるということが言える。
演奏時間は約50分で、オーケストラ伴奏付きの歌曲集としては大曲である。

ここに挙げたレコードは、シュヴァルツコップとフィッシャー=ディースカウと言う、20世紀を代表する大歌手2人をソリストに迎え、セルがロンドン響を指揮したもの。
ほとんど世界遺産と言っても良さそうな、名盤中の名盤である。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア