FC2ブログ

1993年の撮影から~アエロフロート・ロシア航空のIL-62



アエロフロート・ロシア航空
イリューシン-62(RA86536)
撮影 1993年 成田空港 34L周辺

アエロフロートは1932年に、ソビエト連邦の民間航空管理局によって創立された。
1991年に、アエロフロート・ソビエト航空となり、1993年にアエロフロート・ロシア航空と改称されて現在に至る。

ソビエト連邦時代のアエロフロートは、当然のように自国で製造した機体を使っていた。
旅客機に関しては、主にツポレフやイリューシン製(ツポレフ、イリューシンは設計局の名前)である。
ソ連崩壊後の1992年、西側の航空機を初めて導入。現在の運用機材はエアバス社製が多いが、ボーイング社製も保有している。

イリューシン62は1963年に初飛行した、ソ連初の大型ジェット旅客機。
T型尾翼に4発のリアエンジンというレイアウトは、イギリスのヴィッカースVC-10に酷似しているが、これは産業スパイが基本設計を盗んだものであることが後に明らかになった。
ナロウボディということも影響していると思うが、非常にスタイリッシュな機体である。

RA86536というレジ番号が読める。
推定1993年の撮影だが、ソ連時代はCCCP-○○○○○というレジだったので、恐らくアエロフロート・ロシア航空になってからの機体だと思う。
この番号は、検索しても海外で撮影された写真しか見当たらないので、かなり珍しいものではないかと思う。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア