FC2ブログ

翼鏡の色

翼鏡とは、カモ類の次列風切に現れる、特有の色を持った部分を指す。
この色は種によって様々なので、翼鏡と雨覆の色の組み合わせで、遠くで飛んでいるカモの識別が出来ることもある。
静止しているカモでは、翼鏡は見えないか、見えてもわずかである。
識別しにくい状況でも、わずかに見える翼鏡で判断出来る場合がある。ヨシガモやオカヨシガモの♀、エクリプスはそれで判断出来ることが多い。

翼鏡の色はその色の色素があるのではなく、微細な構造による反射や干渉で現れる「構造色」と呼ばれるものである。
だから翼鏡は見る角度によって違う色に見えることがある。




オナガガモ♂エクリプスの翼鏡。
普通はこのようにグリーンに見える。




同一個体でも、褐色に見えることがある。
栃木県真岡市


カモ類に特有の翼鏡とは何のためにあるのか。
想像に過ぎないのだが、

カモ類は群れを作る種類である。
後ろを行くカモは、前のカモの翼鏡を見ながら飛ぶことが出来る。
初列風切は推力を生むための羽なので、羽ばたきによって大きく上下する。
次列風切は旅客機で言うとフラップの部分に当たり、揚力を生むための羽なので、飛翔中でも比較的固定している。
後方からの目印にするには格好の部分であると考えられる。

夜間に渡るカモの翼鏡は、月明かりを受けて特有の構造色を示すのかも知れないが、それはあくまでも想像。





オナガガモ♂
茨城県土浦市
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア