FC2ブログ

フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち展




東日本大震災復興事業の一環として、福島県立美術館で開催中。
3月まで東京の森アーツセンターギャラリーで開催されていた展覧会の回覧である。

会場の福島県立美術館は、福島県三春町出身の建築家、大高正人の設計により、1984年に開館した。
信夫山をバックに、大高正人らしい造形が目を引く。

今回の展覧会は、フェルメールの「水差しを持つ女」とレンブラントの「ベローナ」の2点が目玉で、いずれも日本初公開である。
フェルメールとレンブラントばかりでなく、副題にあるようにオランダ絵画の黄金時代を概観する趣旨の展覧会で、約60点が展示されている。
10に分けられたテーマごとによくまとまっており、会場の構成もわかりやすい展覧会である。

開場は9時半。
駐車台数が少ないとのことなので、1時間前に行って見た。
雨の中、すでに100人ほどがテントの中で待っていた。
開場時間には相当の行列になっていたと思う。


5月8日まで開催

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア