FC2ブログ

ワーグナー/「ニーベルングの指環」からの管弦楽曲集(テンシュテット/LPO)


1980年録音のLP

ワーグナーのオペラはどちらかと言うと苦手の分野だ。
総じて長いし、独特の世界観が取っつきにくいというところも否めない。
中でも「ニーベルングの指環」4部作は鬼門である。何しろ4日かけて上演するという代物である上に、ワーグナー的世界観が横溢していて、取っつきにくいことこの上ない。

そういう人が多いからというわけではないだろうが、ワーグナーの主な作品から、序曲、前奏曲などオーケストラ作品を抜粋した管弦楽曲集は数多く録音されている。
これらのものは、オペラとの関係云々よりも、純粋にオーケストラ作品として楽しむのがいいのだろう。
こういうものをいくら聴いても、ワーグナーの深い世界の一端に触れる程度ではあろうが、オーケストラ作品としての魅力はある意味絶大である。

テンシュテットのワーグナー録音としては、このアルバムの他にBPOを指揮した別の1枚がある。
他にLPOとのライヴ録音が有名だが、1988年の日本公演のライヴ映像がDVDで発売されている。

日本で発売されたテンシュテットの録音としては初期のものに当たる。
遅れて来た大指揮者テンシュテットは、これ以降日本で人気が沸騰し、1984年の初来日公演に至る。

収録曲
楽劇「ワルキューレ」~ワルキューレの騎行
楽劇「神々の黄昏」~夜明けとジークフリートのラインの旅
楽劇「神々の黄昏」~ジークフリートの死と葬送行進曲
楽劇「ラインの黄金」~ヴァルハラ城への神々の入城
楽劇「ジークフリート」~森のささやき
楽劇「ワルキューレ」~ヴォータンの告別と魔の炎の音楽

4部作の順番は「ラインの黄金」「ワルキューレ」「ジークフリート」「神々の黄昏」であるから、ストーリーの進行は無視した配列である。
冒頭に「ワルキューレの騎行」を持って来たのは、この前年(1979年)に公開された映画「地獄の黙示録」を意識したレコード会社の戦略だと思われる。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア