FC2ブログ

ひこうきの丘~成田の新しい撮影スポット

芝山町は、航空科学博物館や空の駅「風和里しばやま」など既存の集客施設がある地域を合わせて「スカイパークしばやま」として整備している。
成田空港のA滑走路、34Lエンド周辺の一帯である。
ここに新たに、飛行機の離着陸を間近に見られる場所として「ひこうきの丘」が整備され、3月18日にオープンした。




これまでカメラマンに「畑ポイント」として知られていた場所の一角にあり、北風運用時の34L着陸機撮影には注目のポイントである。
これまでは農道に路上駐車せざるを得なかったので、駐車場が出来たのは何よりである。
ただ、駐車台数は50台程度のようだ。




上空からの写真(芝山町HPから)
手前に、ハート型を描いた部分(明らかに34Lに着陸する飛行機からの見え方を意識している)
奥の駐車場側の部分は1mほど高くなっている。




ハート型部分の、滑走路に一番近いところから見る。
この部分は空港のフェンスが低いので、撮影にはいい感じだ。




管制塔の方向を見る。
フェンスはクリア出来ている。




着陸進入するユナイテッド航空のB747-400(N199UA)
以前からの畑ポイントと基本的には変わらないが、滑走路に近く、障害物がないので、北風運用時の着陸機を撮影するには絶好だ。
南風運用時のさくらの山よりも撮影しやすい。




34Rに着陸進入するアメリカン航空のB777-200(N755AN)
望遠でもトリミングが必要だが、結構いい感じで撮れる。




一方、駐車場側から見た全景。
こちらの方が高いので、撮影にはいいかと思ったのだが




着陸機を待機するアリタリア航空のB777-200(EI-DDH)スカイチーム塗装
この位置では何とかフェンスをクリアできているが




ローリングする香港エクスプレス航空のA320-200(B-LCC)




離陸滑走するエバー航空のA330-300(B16335)




着陸する全日空のB787-8(JA828A)

結局、こういう場面ではハート型部分の、滑走路に一番近い位置でないとだめだということがわかった。




16Lから離陸するアエロメヒコのB787-8(AX-AMX)
南風運用になると、低い機体でもこんな感じ。
カメラマンは正直なので、こういう時にはここには来ない。




駐機場はよく見えるので、面白い機体がいれば楽しいかも。
駐機場に移動するエティハド航空のA340-600(A6-EHJ)
F1のアブダビグランプリ塗装機
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア