FC2ブログ

1994年の撮影から~コンチネンタル航空のDC-10


コンチネンタル航空
DC-10
N68047
撮影 1994年 成田空港

この当時、アメリカのエアラインでは、デルタ、ユナイテッド、アメリカン、ノースウェスト、コンチネンタルが乗り入れていた。
このうちノースウェストはデルタが吸収、コンチネンタルはユナイテッドと統合して消滅した。
現在のユナイテッドは、コンチネンタルの塗装を引き継いでいるところが面白い。
これは以前のコンチネンタルの塗装で、最初はどのエアラインか思い出せなかった。

機種はダグラス(後に合併して、マクダネル・ダグラスとなる)のDC-10。
70年代に、双発ワイドボディのエアバスA300、同じく3発ワイドボディのロッキードL-1011「トライスター」と競争を繰り広げた機体である。
DC-10は1988年まで生産され、その後MD-11につながる。

写真の機体は、その後いくつかの変遷を経てアロー航空に売却されたが、2006年6月4日にニカラグアのマナグア空港でオーバーラン事故を起こしてノーズギアを大破したらしい。(死傷者なし)
恐らくそれでスクラップになったものと思われる。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア