FC2ブログ

1994年の撮影から~全日空のB747SR



全日空
B747SR
JA8133
羽田空港

日本は人口が多い割に空港インフラが貧弱で、発着枠に制限があるため、需要があってもなかなか運航本数を増やせない事情がある場合が多い。
例えば東京-札幌、東京-福岡のような路線がそうだ。
そのような、飛行時間2時間程度の短距離路線に大型機を飛ばしたいという、日本の特殊事情を受けて開発されたのがB747SRである。
「SR」は「Short Range」の略
全日空は17機、日本航空は7機を導入した。
現在は全て退役している。

短距離専用ということは
 飛行回数が多くなる
 離陸重量と着陸重量に大きな差がない(そのため最大離陸重量は低く抑えられた)
 飛行時間が短いので、与圧を頻繁に繰り返す
など、飛行機にとってはシビアな条件が多く存在する。

日本向けに開発された特殊な機体だが、色々無理があったのではないかと思っている。
この機材に関しては、1985年8月12日に御巣鷹山に墜落したJA8119の悲劇を忘れるわけにはいかない。
ここでは詳しく取り上げないが、あれも「SR」であったことが事故の要因のひとつであったことは間違いない。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア