FC2ブログ

2005年の撮影から~イラン航空のB747SP


イラン航空
B747SP
EP-IAD
撮影 2005.7.7 成田

B747SPは、B747の胴体を大幅に短縮し、重量を減らした分、燃料を余計に搭載することで、長距離を飛ぶことを可能にした。
例えば東京-ニューヨーク間などの路線は、この機体を使用することにより、初めてノンストップで飛行することができるようになった。
ちなみに「SP」は「Special Performance」の略である。

どうしても寸詰まりに見えるもうひとつの理由は、尾翼が大きいことにもよる。
その他、フラップもシングルスロッテッドフラップになっているなど、主翼にも変更が加えられている。
長距離飛行を目的に開発された機体だが、結果的にこの形状が高速飛行にも有利に働いたらしく、当時世界一周の世界記録を樹立した。

1980年代になると、747-200型のパワーアップと、-400型の開発によって優位性を失い、生産中止となった。
日本の航空会社は、この機体を導入しなかったので、見る機会は少なかった。
イラン航空は2011年までSPを成田線に就航させていたが、自分が撮影出来たのはこの1枚のみである。

それほどキャパシティを必要としない長距離路線を持つエアラインや、政府専用機などとして、中古市場ではそれなりに人気があるようだ。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア