FC2ブログ

スズガモ@手賀沼



スズガモ
カモ目カモ科
体長45cm
撮影 2010.10.23 千葉県我孫子市手賀沼

今シーズン初のスズガモ。
この鳥はカモ類の中でも飛来数が多く、特に東京湾では5万羽以上越冬すると言われています。
茨城県では涸沼が有名です。
手賀沼のような内陸にも少数ですが飛来します。

♂1羽と♀3羽
カルガモと比べると一回り小さいのがわかります。

・・・・・・

手賀沼公園で2日間行われた第10回ジャパンバードフェスティバルが盛況のうちに終わりました。
私が関係している団体が、何と最優秀の「オオバン賞」を受賞しました。
3年前の「バン賞」に続く受賞で、驚くと同時に何とも嬉しい快挙でした。

私たちのブースでは、特に珍しい展示や高度な学術研究をしているわけではありません。
過去10年間の定例探鳥会のデータや、森で繁殖しているフクロウに関する展示。
鳥に関するクイズと、子供向けに簡単な鳥の工作の指導をしています。


バードウォッチングのサークルは、どこも平均年齢が高くなっています。
若いバーダーこそ「絶滅危惧種」であると言われています。
私の会、森での定例探鳥会の自慢は若い参加者が多いことです。
10代から70代まで揃っている団体や探鳥会は、実はとても少ないのではないかと思います。

そう考えると、男女比が同じで、各年代が一緒に楽しめるという会はバードウォッチング以外にはそんなにないのではないでしょうか。
山岳会にしても写真のサークルにしても、年配者が中心です。
釣りは各年代に愛好者が多いですが、釣りは「みんなで釣る」ということができません。
老若男女、一緒に楽しめるのがバードウォッチングの醍醐味なのではないか、と考える今日このごろです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア