FC2ブログ

ゴジュウカラ@奥日光




ゴジュウカラ
スズメ目ゴジュウカラ科
体長14cm
撮影 2015.8.2 栃木県奥日光

ゴジュウカラは日光ではお馴染みの鳥で、木の幹を、頭を下にして歩く行動でよく知られている。
「フィーフィーフィーフィー」という単純な囀りは効果音としてもよく使われるが、この時期にはあまり聞かれない。

・・・・・・

この日は6時ごろ赤沼に到着。
何箇所かを廻り、午後1時ごろに華厳の滝を出て、早めの時間にいろは坂を下る。
週末は猛暑に見舞われ、奥日光でも26℃程度の気温になった。
特にこの日は午後から天気が急変する見込みだったため、早めに降りて来たのだが、旧今市市附近で雹交じりの激しい雷雨に見舞われた。
少し待機して雨雲マップを見ると、雨雲は日光から宇都宮方面に、東方向に流れているようなので、鹿沼から壬生方面に向かうことにしたが、これが裏目に出て、途中で強烈な雹に襲われることになってしまった。
場所は日光例幣使街道、いわゆる日光の杉並木は、雹に打たれた枝葉が散乱し、強風のために折れた大枝が道路をふさぎ、道は川のようになり、危うく立ち往生する寸前だったが、幸いに脇道に抜けて鹿沼市街地方面に逃れることが出来た。
鹿沼から壬生にかけては道路も乾いていて、遠方で雷鳴が轟くばかりだった。
雷雨に襲われる前は35℃ほどあった気温だが、降雹の結果一気に18℃まで下がった。
鹿沼でのアメダスの記録では、
 14時 34.5℃
 15時 24.4℃
だが、降水量は0である。アメダスのポイントでは全く降らなかったことになる。
雷雨と降雹に関しては非常に局地的な現象だったことがわかるが、悪いことにその真ん中に飛び込んでしまったことになる。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア