FC2ブログ

カルガモ@牛久沼


カルガモ
カモ目カモ科
体長60cm
撮影 2010.10.31 茨城県龍ヶ崎市牛久沼

カルガモは国内で繁殖する留鳥ですが、多くのカモは長距離を渡る鳥で、見かけ以上に飛翔能力があります。
「見かけ以上」と言ったのは、カモの仲間は太めで、やや重く見える傾向があるように感じるからです。
実際の体重はどれぐらいでしょうか。

カルガモの場合、性差・個体差はありますが、大体1kg程度のようです。(海外の図鑑による。海外の図鑑は体重が載っている場合が多い。その代わり、分布図は自国だけというものが多い。)

体型の違いは無視して大雑把に考えてみます。
スズメぐらい、体長15cm程度の鳥の体重は15g程度と考えて問題はないと思います。
カルガモは約60cmだから体長は4倍。
体重は体長の3乗に比例すると考えることが出来るので、64倍になります。
 15g×64=960g
だから、大体は合っているようです。

カルガモは漢字名「軽鴨」ですが、特別軽いわけではありません。
この名前の由来には諸説ありますが、万葉集巻の三、紀皇女(天武天皇の娘)の歌に由来するという説が有力です。
「軽の池の浦廻(うらみ)行き廻(み)る鴨すらに玉藻の上にひとり寝なくに」
(軽の池を泳ぎまわる鴨でさえひとり寝はしないのに、私はこうして寂しく寝ることよ)

水面に藻があるとすれば冬ではないので、その上にカモがいるとすれば夏にもいるカルガモだろうという判断から、「軽の池のカモ=軽鴨」
ここに言う軽の池とは、大和の国橿原にあった池で、現在は存在しないようです。
上記の歌碑は橿原市石川町石川池(剣池)にあります。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア