FC2ブログ

アオジ@奥日光


アオジ
スズメ目ホオジロ科
体長16cm
撮影 栃木県奥日光、戦場ヶ原

アオジ、クロジ、ノジコは互いによく似ていて、分類順でも隣り合っている。
冬にノジコを見ることはないが、アオジとクロジの識別は問題になることがある。
特に地鳴きだけの場合は難しい。両種の地鳴きを聴き分けるという人もいるが、自分には自信がない。
声がした方をじっと観察し、飛んだ一瞬の尾羽を見る。アオジは外側尾羽が白いが、クロジは白くない。そんなところがポイントだ。もちろん、全体をよく見ることが出来れば問題はないと思うが。

夏の山では3種とも観察出来る可能性がある。
アオジは亜高山帯から草原、湿原に多いが、ノジコの繁殖地は局地的である。
アオジとノジコの囀りは似ているという人もいるが、よく聴けば間違えるほどには似ていない。
アオジはテンポがゆっくりで、若干濁っている。
ノジコは比較的早く、声も澄んでいる。
ただし、両種とも個体差があり、鳥との距離が遠かったり、雑音が多い時には確かに似て聞こえることもある。

アオジは比較的開けた場所に多いが、クロジはもっと標高の高い森林で囀っていることが多く、両種は混在することはないように思う。
コルリがいる環境と似ている。コルリとクロジの声が同時に聞こえることが実際にあった。
クロジの囀りは、ほかのどの鳥とも似ていないので、間違える心配はない。
ただ、アオジが目立つところで囀るのに対し、ほぼ目立つところには出て来ない。一年を通じて見にくい鳥だと言える。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア