FC2ブログ

タイミルセグロカモメ@銚子

ホイグリンカモメ(亜種タイミルセグロカモメ)
チドリ目カモメ科
体長55cm
撮影 2011.11.14 千葉県銚子市

ロシアの北極海沿岸、タイミル半島からコラ半島にかけての地域で繁殖すると言われている。
コラ半島と言うのは、フィンランドの反対側にある半島というとわかりやすいだろうか。
タイミル半島はロシアでも最北部にある半島で、その先端にあるチェリュスキン岬は、地球上の大陸での最北端に当たる。
”Olsen”の地図によれば、繁殖地はタイミル半島よりもヨーロッパ寄りで、エニセイ川よりも西の地域であるらしい。
そう考えると、随分遠くから飛んでくるものだと思う。

11月中旬の銚子は、まだカモメの数は少ないが、タイミルセグロカモメは比較的多いように思われた。



右のセグロカモメと比べても、背の色はむしろ薄く見える個体。
左のウミネコと3種類の足の色に注目。




足の色、背の濃さ等、もう少し典型的な個体。
これもあまり背の色は濃くないが。




ウミネコとセグロカモメの中間的な感じ。
ホイグリンカモメは、ウミネコほどの背の黒さと、黄色い足が特徴で、亜種タイミルセグロカモメはそれよりもセグロカモメに近い。




セグロカモメの幼羽もかなり見られたが、背の鱗模様から、タイミルセグロカモメ幼羽ではないかと思われる個体。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア