FC2ブログ

群馬音楽センター

群馬音楽センター
群馬県高崎市
撮影 2010.10.30

群馬県立美術館に行ったついで、と言っては何だが、群馬音楽センターを見てきた。
1961年竣工。
アントニン・レーモンドの代表作。

レーモンドは1888年、チェコ生まれ。
1919年、帝国ホテルの設計のためにフランク・ロイド・ライトとともに来日、以後日本に住み着いて、数々の設計を行った。







コンクリートの折版構造は非常に明快で、今見ても美しい。
コンクリートの厚さは、最小で120mmだそうである。
普通のラーメン構造と比べたら、コンクリート量は相当少ないのだろう。
材料よりも手間が安かった時代には、こういうアイデアがあり得たのだ。



正面エントランス



背面のステージ側
丸いのは、あとで増築された空調機械室だと思われる


群馬交響楽団の本拠地としても有名で、これが造られた経緯は色々語られているので、ここでは取り上げない。
音響的には問題があるようで、一時は建て替えも検討されたようである。
音響的な問題は、天井高の低さと残響時間の短さにあると言われている。
天井が低いので気積が絶対的に足りず、それが短い残響時間になっていることは間違いないと思う。

耐震診断の結果、躯体には問題ないらしい。
ただ、正面のスチールカーテンウォールには問題がありそうだ。(地震時に割れたガラスの落下)
群馬県は比較的地震の少ないところではあるけれど。

音響的には何らかの解決策がありそうなものだし、この歴史的建築を壊すような愚行は何とか避けてほしいところである。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア