FC2ブログ

TEACのUD-501を購入

TEACのUSB-DAC「UD-501」を購入した。
所有するDSD音源も少しずつ増えて来たので、DSDのネイティブ再生が出来る機種を物色していたのである。



現在、TEACは比較的安価な製品を出していて、高級品はEsotericブランドになっているから、その間を埋めるような価格帯にあるのが501のシリーズだ。
メーカー希望小売価格は110000円+税。
これが実勢価格では7万円台、ビックカメラのポイントを考慮すると税込6万円台で買えるので、かなりお買い得と言っていいかと思う。
PCMは382KHz、DSDは5.6MHzまで対応する。
最近11.2MHzのDSDがボチボチと出回っているが、まだ一般的ではない。しばらくは十分なスペックだろうと思う。

サイズは幅290mmで、A4サイズと言うとわかりやすいかと思う。
サイドパネルはラックマウント用の取手みたいなデザインだが、実用的な意味はない。
操作系は至ってシンプルで、電源のトグルスイッチがちょっと変わっている。
インプットセレクターは、USBとコアキシャル2系統、トスリンク2系統を備えているが、基本的にUSBしか使わないと思う。
ヘッドフォン用のボリュームがついているが、ヘッドフォンアンプとして使用するつもりはない。
メニュースイッチは各種設定に使う。
PCMのアップサンプリング、デジタルフィルター、DSDのアナログフィルターの設定などがあるが、そのあたりはまだよくわからないので、順次試して見るつもり。

アナログ出力はとりあえずRCAだが、そのうちバランス接続を試して見る。

30分間信号がないと、自動的に電源が切れるようになっている。インプットセレクターを動かすか、電源を入れ直すと復帰する仕組み。




再生ソフトはfoobar2000でもいいのだが、メーカーから専用再生ソフト「TEAC HR Audio Player」がDL出来るので、早速試して見た。
面倒な設定もなく、DSDが再生出来るのはありがたい。

このソフト、デザインも使い勝手も、LUXMANのAudio Playerとそっくりだ。基本的に同じものだろうと思う。
そう言えば、本機のUSBインターフェースはLUXMANのDA-06と同じものが使われているそうだ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア