FC2ブログ

ほくほく線の2駅

撮影 2014.11.30
新潟県上越市

この周辺だけにしつこくかかっていた雨雲がようやく消えていい天気になったが、時すでに遅しで、これから帰ろうと言う時間帯である。
また北陸道で帰るのも芸がないので、山間部を抜けて塩沢石打まで行く。
その途中、北越急行ほくほく線「くびき駅」の前を通りかかった。



ほくほく線くびき駅
奇想の建築家、毛綱毅曠(もづなきこう)の設計による。



裏側から



待合室内部

ほくほく線は、上越線六日町駅と信越本線犀潟駅とを結ぶ路線で、1997年に開通した比較的新しい鉄道路線である。
内陸の魚沼地区と上越地区をショートカットするような路線で、豪雪地帯ということもあり、全体の7割近くがトンネルである。
冬は深い雪に閉ざされるこの地域にあって重要な足であることは言うまでもないが、上越新幹線と北陸地方を結ぶバイパスのような役割もあり、上越新幹線の越後湯沢駅から北陸方面に向かう特急「はくたか」がこの路線を通過する。
国内在来線では最高の160km運転を行っている。
「はくたか」は、ほくほく線では十日町駅に停車するだけである。(一部は六日町駅に停車)
北越急行は、JRに線路を貸している形なのだろう。「はくたか」の運航により、ほくほく線は黒字となっているが、来年3月北陸新幹線の金沢開業によって「はくたか」は廃止され、ほくほく線は赤字必至のローカル線となる。




隣の「大池いこいの森駅」
大池いこいの森と言う公園の最寄駅ということだが、周囲に人家などはない。
1日の乗降客は5人(2012年度)ということだ。
これも毛綱毅曠の設計であるらしい。
某有名秘境駅サイトでは、堂々178位にランクインしている。
http://hp1.cyberstation.ne.jp/hikyoueki/151-2014.html
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア