FC2ブログ

朝日池

撮影 2014.11.30
新潟県上越市(旧大潟町)

福島潟から朝日池に移動する。
と言っても福島潟は下越、朝日池は上越で(新潟県は上越、中越、下越に分かれる。北が下越なので、地図で見ると上下逆になる)直線距離で110kmほど離れている。東京から榛名山ぐらいの距離だ。ちょっとついでに、という訳にはいかない。

前夜は北陸道の米山SAで車中泊したのだが、夜中、車の屋根をたたく雨の音で目が覚めた。
雨雲マップを見ると、全国でここだけピンポイントで雨雲が発生している。
この雨は、弱いながらも意外にしつこく降り続き、結局上がったのは10時過ぎになってからだった。




朝の朝日池
寒々とした光景だが、気温は比較的高い。



周辺の田んぼで、オオヒシクイの群れを探す



オオヒシクイの群れの中に少数のマガン



ようやく晴れ間が現れた朝日池
この時期、雪が降ってもおかしくないが、この日は異常なほどの暖かさで、最後は腕まくりして望遠鏡を覗くことになった。


朝日池は面積79ヘクタールのため池で、農林水産省の「ため池100選」にも選ばれている。
南岸に沿う道路には、駐車可能なスペースがあり、どこからでも自由に観察が出来る。
対岸までの距離は300mほど、奥まったところまででも500mほどで、少しの移動で池全体を見渡せる。
終日順光で撮影もしやすく、これほど野鳥観察に適した池はなかなかないと思う。

ガン類ではオオヒシクイが主だが、福島潟に比べるとマガンの割合は高い。
コハクチョウは100羽ほどと思われる。
カモ類では圧倒的にマガモ、その他はコガモが多い。その2種でほとんどを占める。
オナガガモ、ハシビロガモ、ヒドリガモ、キンクロハジロ、オシドリ、ヨシガモ、トモエガモ、ミコアイサ、カワアイサを確認した。
数は多くはないが、種類はなかなかのものだ。

朝日池と言うと、近年はハクガンが飛来することで知られる。
ハクガンは北海道から移動して来るようで、冬季ここに居ついているわけではないらしい。


11時過ぎ、周辺の田んぼから次々とヒシクイの群れが池に帰って来た。
夕方のような光景だが、なかなか迫力があって面白かった。











小数だが、マガンの群れもあった。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア