FC2ブログ

アルゲリッチ ライヴ・イン・東京2000


2000年11月16日、すみだトリフォニーホールで行われた「アルトゥーロ・ベネディッティ・ミケランジェリに捧げるコンサート」のライヴ録音である。
そのコンサートは、ともにミケランジェリを師とする、マルタ・アルゲリッチとマウリツィオ・ポリーニという現代を代表する2大ピアニストが、東京で再会した折に話し合って実現した。
この録音は、翌年、招聘元の梶本音楽事務所が会員向けの非売品CDとしてリリースされた。
2011年3月11日に発生した東日本大震災に心を痛めたアルゲリッチは、自らの70歳記念CDをチャリティCDとしたが、この録音を2枚目のチャリティCDとすることに賛同し、埋もれた録音が再び世に出ることになった。

前の記事にも書いた通り、アルゲリッチは1980年代以降、ソロ活動をあまりしなくなったので、2000年に録音されたソロ演奏はとても貴重である。

収録曲
 バッハ/パルティータ第2番ハ短調BWV826
 ショパン/マズルカ第40番ヘ短調OP63-2
 ショパン/スケルツォ第3番嬰ハ短調OP39
 スカルラッティ/ソナタニ短調L.422
 プロコフィエフ/ピアノソナタ第7番変ロ長調OP83「戦争ソナタ」
 ラヴェル/水の戯れ

前に紹介したコンセルトヘボウライヴと4曲が同一。(バッハ、ショパンのスケルツォ、プロコフィエフ、スカルラッティ)
得意な曲、好きな曲を集めた感じで、特にバッハのパルティータ第2番は余程好きなのだろう。スタジオ録音でも取り上げた作品。
スカルラッティのソナタは、ホロヴィッツもよくこんな形で1~2曲取り上げることがあったが、アルゲリッチのスカルラッティ演奏というのはこれ1曲だけかも知れない。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア