FC2ブログ

コクチョウ@涸沼


コクチョウ
カモ目カモ科
体長 コハクチョウと同程度(海外の図鑑による)
撮影 2010.12.5 茨城県茨城町

バラは青い色素を持たないため、自然界には青いバラは存在しません。
それで「青いバラ」は「不可能、あり得ないもの」の代名詞とされて来ました。
サントリーは、遺伝子組み換え技術を用いて青い色素を持つバラを開発し、「青いバラ」として商品化しました。現在は切花として購入することが出来ます。

同様に「黒い白鳥」も「あり得ないもの」の代名詞として使われて来ました。
ヨーロッパ人がオーストラリアで「黒い白鳥」を知った時、それはあり得ないものではなくなりました。
何でも頭から決めてかかってはいけない、という教訓。

この鳥は長距離を渡る鳥ではなく、日本にいるものは人為的に移入されたものです。
飛翔能力はあるので、あちこちに出没します。
姿形が美しいので、それなりに人気があります。
この鳥の”デザイン”として優れている点は、黒い体と赤い嘴との対比の妙と、(この写真では見えませんが)翼を広げると雨覆の白さが意表を突くところでしょうか。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア