FC2ブログ

ヨーロッパトウネンとヒバリシギ

撮影 2014.9.7 千葉県習志野市谷津干潟

こんな近くにいるのならば一眼にすべきだった。
谷津は被写体が遠いという思い込みが抜けないのだ。
それは観察センター側、つまり南側から見る場合に顕著で、手前に葦原がある上に高さもあるからである。
北側は水面からの高さが低い上に、運がよければ近くに寄ってくれるのだ。
ただ、普通は逆光なので、あまり条件がよくないことが多い。
この日は雨なので、その意味でも条件がよかったのである。






とりあえず、久しぶりに見たヨーロッパトウネン。
幼鳥で、背の白いV字がはっきりと目立つ。




ヒバリシギは淡水域を好み、干潟に入るのは珍しいと思う。
今年も地元で何度か見たが、ここで見られたのはよかった。


撮影はしていないが、エリマキシギも見られた。
これも淡水域を好む鳥だが、干潟にも入ることはある。私自身の経験では三番瀬で一度だけ見たことがある。
今年は地元でエリマキシギを見る機会がなく、これが今年の初認。
地元でなく、谷津でエリマキシギの初認というのがちょっと意外な結果だった。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア