FC2ブログ

高原から高山帯のチョウ

撮影 2014.8.22~23 長野県



ベニヒカゲ(♂)
北八ヶ岳、坪庭(標高2237m)
ベニヒカゲは高山蝶の仲間。




キアゲハ
車山山頂(標高1925m)
キアゲハは高山蝶ではないが、低地から高山まで分布する。鳥で言うとウグイスのような存在。




アサギマダラ
蓼科高原(標高1800m附近)
長距離を渡る蝶として知られ、夏は山地の樹林に生息する。
ヨツバヒヨドリ(低地ではヒヨドリバナ)に来る。







ギンボシヒョウモン
霧ヶ峰(標高1700m附近)
裏、後翅前縁の白斑が4つなのでギンボシヒョウモン(ウラギンヒョウモンは5つ)




オマケ
ヒョウモンエダシャク
蓼科高原(標高1800m附近)
蝶に見えるが蛾の仲間。蝶と蛾は何が違うかという、古くて新しい疑問が頭をよぎる。
高山の蛾と言えるかどうかはわからないが、標高の高い高原でよく見る種。


※追記
蛾の仲間の触角は一般的に櫛状であるのが一般的だと思っていたが、この蛾は糸状だった。
調べて見ると、♂は櫛状、♀は糸状だそうだ。つまりこの個体は♀であるということがわかった。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア