FC2ブログ

金沢市立玉川図書館(石川県金沢市)

金沢市立玉川図書館
石川県金沢市
設計:谷口吉生

1978年竣工。
谷口吉生のよく知られた作品としては、1975年の「雪ヶ谷の住宅」が最も古い。
金沢市立玉川図書館は、建築学会賞を受賞した「資生堂アートハウス」とほぼ同時期で、公共建築としては最も初期の作品に当る。
父である谷口吉郎との唯一の共同設計である。

金沢には1995年、2001年、2005年に次いで4回目の訪問になる。
玉川図書館はその都度見ているので、従来と変わらない姿を見るとほっとする。
今回は行くつもりはなかったのだが、駐車場から近かったので寄って見た。







建物は2階建てで、H字型の平面形をしている。
中庭状の空間が南北2箇所にあり、北側には旧専売公社金沢工場を改修した別館がつながっている。




東側正面から見ると、コールテン鋼とガラスのフラットな表情。
エントランス部分は半円形のステンレスの壁で、その両サイドが入口となる。







南側、玉川公園から見る。
これを見ただけでも、谷口の造形力の凄さを感じ取ることが出来るように思う。







南側の中庭




北側は、旧専売公社金沢工場を改修した別館とつながっている。
現在は「近世資料館」




北側の中庭


玉川図書館は、竣工当時は金沢市立図書館だったが、分館が出来たために名称が変わった。
金沢市では現在4館体制になっている。
次回は一番新しい図書館を紹介する。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア