FC2ブログ

鈴木大拙館(石川県金沢市)

鈴木大拙館
石川県金沢市
設計:谷口吉生

鈴木大拙は1870年、金沢生まれの仏教哲学者。
鈴木大拙館は、大拙の生誕地にほど近いこの地に2011年に開館した。
その思想への理解を深め、思索の場とする意味を込めて建てられた。
一般的な意味での博物館とは違う。
入館者自らの巣策を深めることを目的としたような、いわゆる思索空間というような建築であると言える。
金沢21世紀美術館からは、徒歩7~8分の位置にある。
周囲は住宅地で、駐車場もないので、21世紀美術館や兼六園などの観光と組み合わせて廻るのが良い。




入口のプレート

建物は、玄関棟、展示棟、思索空間棟から成り、内外の回廊で結ばれる。
意外と小規模の建物だが、谷口建築らしい佇まいである。




アプローチから見る玄関棟
奥に見える白いボックスが思索空間棟




エントランスを見る




内部回廊を通り、展示空間に至る







回廊から、中庭を見る




学習スペース




展示空間は回廊から1段下がったレベルにある。
規模は違うが、土門拳記念館を思わせる




この建物の最も象徴的な空間である思索空間棟
浅く水を湛えた水鏡に浮かぶように建つ




思索空間棟前から見る水鏡
前方の白い壁の向こうが内部回廊になる




エントランス前から、水鏡と思索空間棟を見ることが出来る


ありがたいことに、金沢には谷口建築がもうひとつある。
猛暑の中、汗だくで玉川図書館に向かう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア