FC2ブログ

金沢21世紀美術館(石川県金沢市)

金沢21世紀美術館
石川県金沢市
設計:SANAA(妹島和世+西沢立衛)

金沢21世紀美術館は2004年に開館した。
金沢市中心部に位置する都市型美術館である。
設計は妹島和世と西沢立衛からなるユニット”SANAA”
直径112.5mの円形平面の中に、様々なサイズの展示室を集落のように配したプラン。
建物は全てガラス張りで、正面性がなく、4方向から入館出来る。
非常に開放性と透明性が高い建築で、21世紀初頭の代表的な建築と言える。









自分としては翌年の2005年4月に訪れているので、9年ぶりの訪問になる。
金沢市の中心部にあり、金沢城公園、兼六園からも近く、金沢市第一の繁華街である香林坊からも徒歩圏内にある。










円形平面に沿った周辺部分は無料ゾーンで、誰でも自由に利用できる。
展覧会ごとに、いくつかの展示室を使って有料ゾーンが設定される。
展覧会によっては、無料ゾーンと有料ゾーンの区別が複雑になる。
円形平面であることで、自分がどこにいるのかわかりにくい面もあるが、非常に透明性が高い建築なので、さほどの問題ではないと思う。


無料ゾーンには、各所に恒久展示物が設置されている。



正面ホワイエから見える光庭には、恒久展示物レアンドロ・エルリッヒの「スイミング・プール」がある。ここの名物のひとつ。



上から見ると、中に人が見える。






地下から見上げると、こんな風に見える。



マイケル・リン「市民ギャラリー」
これも恒久展示物



恒久展示物のひとつ「タレルの部屋」
これは表現が難しいが、部屋の天井に四角い穴が開けられていて、そこから空が覗くという趣向の作品。


猛暑の金沢だったが、久しぶりに文化の香り高い地方都市の雰囲気を味わった。
このあと、鈴木大拙館に向かう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア