FC2ブログ

フィールドガイド 日本の野鳥

前回「カモメ識別ハンドブック」の改訂版を紹介するに当たって、”図鑑”という書庫を新しく作ったので、これから少しずつ紹介したいと思います。

図鑑はバードウォッチャーの道具としては、双眼鏡の次に大切な物。
フィールドに持って行けるハンディタイプの図鑑が数多く出版されています。
もちろん、持ち歩けない卓上型の立派な図鑑も、見ているだけでも楽しいものです。
普段から図鑑を見る習慣をつけていると、フィールドで初めて見た鳥にも素早く反応出来ます。

一般に、写真の図鑑とイラストの図鑑があり、どちらがいいとは言えません。
ただ、識別の役に立てるためには、イラストの図鑑がとりあえずはお薦めです。




■フィールドガイド 日本の野鳥
高野伸二著 日本野鳥の会発行 1982年

まずは最も基本的な図鑑から。
これは1995年に出た増補版で、現在は改訂版が出ています。
当ブログで「高野図鑑」と呼んでいるもの。
失礼ながら、絵には若干難もあります。(著者の高野氏は、もともと専門の画家ではありません)
特徴的な場所に矢印を入れる書き方、必要に応じて飛翔図を載せる、似たような種類を正面図などで比較する手法など、日本の図鑑として画期的なところが数多あり、さすがと思わせる内容だと思います。

高野氏は1984年に亡くなられたので、増補改訂部分に関しては谷口高司氏が書いています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア