FC2ブログ

日本の鳥590


■日本の鳥590
真木広造(写真) 大西敏一(解説)
2000年 平凡社 3675円(税込)

写真図鑑の代表的な1冊を。
当ブログで「真木図鑑」と呼んでいるもの。
私としては一番使い込んだ図鑑で、カバーは既になく、表紙もボロボロです。
いわゆる脱サラした真木広造氏が、18年ほどを費やして全て1人で撮影したとい、他に例のない図鑑。

基本的に全て左向きで撮影されており、撮影者のこだわりが感じられます。
野鳥写真家の個人全集的なところがあって、識別よりも写真のクオリティを重視している傾向があります。
このあたりは「山渓図鑑」との違いで、識別のためには「山渓図鑑」の方が良いという意見もあります。そちらは次回に。

分布図がとても見やすいのも特筆すべきところ。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア