FC2ブログ

ウミウ@利根川河口



ウミウ
ペリカン目ウ科
体長84cm
撮影 2010.12.11 茨城県旧波崎町

古事記に登場する海幸彦と山幸彦の話を。
弟の山幸彦は、兄の海幸彦に借りた釣り針を無くしてしまい、海中に探しに行きます。
竜宮に行った山幸彦は「豊玉毘売(とよたまびめ)」との間に子を為します。
そのころは産屋を建てて、その中で生むのが習慣でした。
産屋の屋根は鵜の羽で葺くのですが、葺き終わらないうちに生まれてしまったので、その子の名を「鵜草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)」と言います。
山幸彦は豊玉毘売の助けを借りて、兄との戦いに勝利します。
鵜草葺不合命の子が「神倭伊波礼琵古命(かむやまといわれひこのみこと)」すなわち神武天皇で、結局山幸彦の系統が日本の支配者になって行くというのが、この話のツボ。

ここに登場する鵜とは、世界的に広く分布するカワウではなく、日本近海にのみ生息するウミウではないか?
その方が神話的だし、長良川の鵜飼い(ウミウが使われる)を管轄するのが宮内庁であることと、何か符号するような。。。
ちなみに、鵜飼いに使われるウミウは茨城県で捕獲されています。


ウの仲間は、泳ぐときにかなりの部分が水中に没しています。
これは特に体重が重いわけではなく、羽が水をはじかないため、潜りやすくなっているからです。
水中の餌を捕らえるには便利なのですが、その代り、羽を乾かすためには広げて日光に当てなくてはなりません。それはよく目にする光景です。

参考までに、大型の水鳥の体重を調べてみると
■ウミウ 体長84cm 体重3kg程度
■コアホウドリ 体長80cm 体重3kg程度
■ハシグロアビ 体長80cm 体重4kg程度
で、大雑把な比較ですが、さほど重いわけではないことがわかります。(体重は海外の図鑑を参照しました)

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア