FC2ブログ

サルハマシギ@谷津干潟

サルハマシギ
チドリ目シギ科
体長21.5cm
撮影 2014.5.5 千葉県習志野市






大きくカール(Curl)した嘴から、”Curlew Sandpiper”と言う。
ダイシャクシギ、ホウロクシギの嘴に似ているという印象からの命名かと思われる。
和名は真っ赤な夏羽を猿の顔に見立てたものと思われるが、今回見られたのはまだ換羽が進んでいない冬羽。
この時期、ほとんど赤味が見られないのは、換羽がかなり遅い個体と思われる。
一応の特徴として、初列風切が尾羽から突出する。ハマシギは尾羽の方が突出する。




ハマシギと
大きさはほぼ同じ




メダイチドリと







飛出し
腰が白く、目立つ黒色部がない。
ハマシギは腰に黒色部がある。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア