FC2ブログ

ヒッチコックの「鳥」を探鳥する


「鳥」
1963年 アメリカ映画
アルフレッド・ヒッチコック監督。
先日、NHKのBSで放送されていたのを久しぶりに見ました。

周知のように、この映画は鳥が理由もなく人間を襲うというパニック映画。
バードウォッチャーでこの映画が好きという人がどれだけいるのかわかりませんが、私はヒッチコック映画が好きなので、今まで10回ぐらい見たはずです。
これが原因で鳥が嫌いにならなくてよかったとは思いますが、娘には見せないようにしています。

今回はこれに登場する鳥を特定してみよう、という酔狂な試み。
結局のところ、テレビ放映を見ただけでは動きが速すぎて難しかったので、DVDをレンタルしました。いよいよ酔狂な話です。
ですが、このDVDには特典映像として関係者のインタビュー集が入っていました。撮影の裏話が非とても面白かったので、興味のある方はレンタルを。ただし鳥が嫌いになっても知りませんが。


主な出演者
 ティッピ・ヘドレン(メラニー)
 ロッド・テイラー(ミッチ:弁護士)
 スザンヌ・プレシェット(アニー:教師)
 ジェシカ・タンディ(ミッチの母)
 ヴェロニカ・カートライト(キャシー:ミッチの娘)

ティッピ・ヘドレンはモデルをしていたところをスカウトされたとか。
ちなみにジェシカ・タンディはこの時54歳。1989年「ドライビング・ミス・デイジー」でアカデミー主演女優賞を80歳という史上最高齢で獲得しました。

・・・・・・

まず予備知識から
「鳥」には原作があります。
「レベッカ」で知られるイギリスの作家、ダフネ・デュ=モーリアの短編で、1952年の作品。
原作の舞台はイギリスです。

邦訳は以前、ハヤカワミステリ版と鷹書房版がありましたが、いずれも現在は入手困難。
手元には鷹書房版(1967年 星新蔵訳)があります。
2000年に創元推理文庫から、務台夏子訳で刊行されました。これは8編収めた短編集です。「鳥」以外の作品も素晴らしいので、とても評価が高い本です。お薦め。


2つの訳とも、鳥の名前は色々出て来ます。鷹書房版では、カラスの仲間としてハシボソガラス、ミヤマガラス、小ガラスとあり、小ガラスというのはよくわからないが、ヨーロッパということを考えるとニシコクマルガラスを想定していると思われます。創元版ではニシコクマルガラスの名があります。
問題のカモメ類。
鷹書房版では、単にカモメ、あるいはセグロカモメ、ユリカモメという名前が登場する。
創元版では、セグロカモメ、オオセグロカモメの名が見えますが、いずれも日本で見られるものとは別種です。
「カモメ」に関しては、ヨーロッパで普通に見られる「カモメ」(日本で見られるカムチャッカカモメとは別の亜種)を指しているというよりは、カモメ類一般を指していると考えるべきでしょう。
そのあたりは原文に当って見ないと何とも言えませんが。

・・・・・・

さて映画の方ですが、鳥が理由もなく人間を襲うというプロットは一緒ですが、ストーリーは全く違っています。
舞台はアメリカ、カリフォルニア州のボデガベイという港町。
サンフランシスコの北、100kmほどのところに実在する町です。
アメリカですから、原作に出てくる鳥とは別の種類であると考えられます。


主に登場する鳥は4種類
1.小道具として重要なs役割を果たすペットの「ラブバード」
2.暖炉から大群が侵入して来る小鳥
3.カラスの仲間
4.カモメの仲間

1は比較的簡単
映画の中では単に「ラブバード」と呼ばれています。
”Peach-faced Lovebird” 日本でも人気の高いコザクラインコで問題ありません。

2は難しい
保安官は「スズメ」と言っています。
DVDに付いている特典映像では「ベニスズメ」と言っていますが、映像を見る限り違うと思います。
大群については動きが速くてわかりません。暖炉から大群が出てくる前に、1羽だけ黒っぽい鳥がいるのですが、私の見立ては「ゴマフスズメ」です。

3はアメリカに多いカラスで、大きさや嘴の形状、特徴的な声からワタリガラスと見て問題ないと思います。

4のカモメについては、場所柄カリフォルニアカモメではないか、というのが当初からの見込みでした。
カリフォルニアカモメの特徴としては、小さめの頭、嘴に黒斑が混じる、黄色に緑が混じったような微妙な足の色、というあたりが挙げられると思います。
動く映像から判断するのは難しいのですが、消去法でやっぱりカルフォルニアカモメではないかと思いました。
何となく冴えない結論でした。

映画の見方としては変ですが、たまにはこんな見方も面白いかなと思いました。
私は映画やテレビドラマを見ても、鳥の声が気になってストーリーについていけないことがよくあります。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア