FC2ブログ

トビとセグロカモメ



撮影 2014.3.22 茨城県牛久市

前日は強風が吹き荒れたが、この日はまずは穏やかだった。
猛禽類では、チュウヒ、オオタカ、チョウゲンボウが見られた。
前日はミサゴやノスリも見やすかったようだ。
この冬はノスリを見ることが少ない。

このあたりではトビは少ないのだが、何度か現れた。
上空を旋回するトビにセグロカモメが接近し、交錯し、一緒に輪を描くように旋回した。
カラスはトビにモビングを仕掛けることがあるが、そういうのではなく、ただ遊んでいるかのように見えた。
何度か旋回し、かなりの高度まで上昇すると離れて行った。

牛久沼ではユリカモメは多いが、セグロカモメが見られることは少ない。
トビとセグロカモメでは、大きさにはあまり違いはないが、翼の形状はずいぶんと違うことがよくわかる。
この高さでも、セグロカモメの初列風切のパターンはよくわかるものだと思った。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア