FC2ブログ

ホキ美術館

ホキ美術館
千葉県千葉市

医療用品メーカーの「ホギメディカル」の創業者、保木将夫氏のコレクションを展示するために建設された”写実絵画”専門の美術館。
今年の11月3日に開館したばかりだが、地方にある美術館としては異例なほどの人気である。
今日は祝日ということもあるのだろうが、団体客も多く、東京のメジャーな美術館のような混雑ぶりに驚かされた。
最近、テレビで紹介されたらしい。やっぱりテレビの影響はまだまだ大きいことを実感させられる。

”写実絵画”というものに、人びとが惹かれる理由は何だろうか。
「まるで写真のようだ」とは有りがちな感想だが、それならば写真でいいはずである。
ここに展示された作品が感動を与えるのは、写真を超える何かがあるからだろう。
皆、わからない現代絵画を見て、いかにもわかったような気にさせられていることに対する、ある種の反発があるのではないか。


不況の現在、新設の美術館自体が少ない中、久々にエキサイティングな建築である。
設計は日建設計




まず目を引くのは、30mにも及ぶキャンティレバーを持つ展示室である。
敷地に高低差があるため、これが1階。

この構造をわかりやすく言うと
鉄板を曲げて四角いパイプ状にし、この中を展示空間にする。この長さが100mある。
ボックス状の柱2箇所で支える。ハネ出しは西側に約15m、東側に約30m。



ゆるやかなカーブを描く長さ100mの四角い箱。
下のコンクリート造部分から浮いている。
2箇所で支えられているのがわかるだろうか。



展示空間下部には開口があり、外部から展示物の一部が見えるという、珍しい美術館。
照明にLEDを全面的に用いたところも画期的な美術館と思う。



展示室は撮影できないので、カフェの入り口にさりげなく置いてある、リートフェルトの椅子。
カフェの家具には、イームズのサイドシェルチェア、ヤコブセンのアントチェア、リートフェルトのジグザグなどの名作椅子が使われていて、実際に座ることが出来る。
地下2階の階段下には、マッキントッシュのヒルハウスチェアが置いてあったりするので、こういうモダンデザインの椅子を見るのも一興と思う。


ホキ美術館公式HP
http://www.hoki-museum.jp/top.html
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア