FC2ブログ

ポーカー・レッスン/ジェフリー・ディーヴァー


ポーカー・レッスン
ジェフリー・ディーヴァー
文春文庫 930円+税

リンカーン・ライムシリーズでお馴染みのジェフリー・ディーヴァーによる2冊目の短編集。


収録作品
「章と節」
「通勤列車」
「ウェストファーレンの指輪」
「監視」
「生まれついての悪人」
「動機」
「恐怖」
「一事不再理」
「トンネル・ガール」
「ロカールの原理」
「冷めてこそ美味」
「コピーキャット」
「のぞき」
「ポーカー・レッスン」
「36.6度」
「遊びに行くには最高の街」

著者は時間をかけてじっくりとプロットを練り上げるタイプの作家で、長編向きの作家という印象があると思うが、著者によれば短編を書くには別の作法があると言う。
長編は読者に多くの時間を使わせるので、後味の悪い結末にはしたくないので、基本的にハッピーエンドで終わらせる。
だが短編の場合には、バッドエンドであっても良いというのである。
その意味で、本短編集に収められている作品には、先週紹介した「厭な物語」に通じるような作品もある。「通勤列車」「監視」「恐怖」「トンネル・ガール」あたりがその系統の作品。
「ウェストファーレンの指輪」は、シャーロック・ホームズが登場する意表をついた作品。
「ロカールの原理」はリンカーン・ライムものの書き下ろし。
個人的には「生まれついての悪人」が一番面白いと思った。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア