FC2ブログ

ヘンデルのオラトリオ「メサイア」を聴く

輸入盤や中古のCDを探すのは楽しい。
学生の頃は、東京の中古レコード店を廻るのが楽しみ、というよりほとんど生き甲斐のようになっていた。
レギュラー盤で1200円、廉価盤で700円程度が相場だった。
今でもたまに東京に行くと中古のCD探しをする。やっぱりそういうのは東京に行かないと難しい。

今、地元には輸入盤を置いてある店はおろか、CDショップそのものがほとんどないが、地元で中古CDが買えないわけではない。
供給先はほとんど古書店チェーンのブックオフである。
ブックオフは神田の古書店とは本質的に違う。店の目が利くわけではなく、アルバイト店員でも値付けが出来るというシステムだから、こちらの目が利きさえすれば思わぬ掘り出し物を探し出すことが可能である。
最初に見つけたのは埼玉県内だった。面白い店があるものだと思ったが、その後地元にも何軒か出来た。
休日ごとにブックオフ通いをしたこともある。信じられないかも知れないが、関東一円、栃木県や群馬県まで探しに行った。オーバーに言えば、この店がなければ生きて行けないとまで思った。
本は基本的に定価の半値、特価本は1冊100円だが、CD(特にクラシックのCD)に関しては、基本的に1000円前後で、他に500円コーナーや250円コーナーがあるのが普通。
自分は基本的に500円の棚しか見ない。ここが宝の山なのである。
誰かが自分のコレクションを売りに出すと、一気に棚が充実する。ライバルはあまりいないので、しばらくは独占状態で楽しめる。



ヘンデルのオラトリオ「メサイア」
ジョン・バット指揮ダニーデン・コンソートによる演奏で、世界初録音のダブリン初演版
最近見つけた中では一番の掘り出し物
SACDで2枚組 500円也
実はひとつ困ったことがあって、1枚目の最後のトラックに傷があってリッピング出来ないのである。
だから安かったわけだはないと思うが、ちょっと残念だった。




そんな訳でもう1枚
トレヴァー・ピノック指揮イングリッシュ・コンサートによる演奏で、同曲の定番と言われているもの。
これは東京の中古CDショップで買ったもので、確か1000円だったと思う。中古CDとしては普通の値段。


さて「メサイア」
全曲を知らない人でも「ハレルヤコーラス」だけは知っていると思う。
多彩で、華やかで美しい。傑作中の傑作である。西洋音楽の夥しい作品群の中でも最高傑作に属する作品であると言って差し支えないと思う。
宗教曲と言うとハードルが高いと思われがちだが、非常にエンターテインメント性が高い作品で、作曲当時は「娯楽的すぎる」という批判まであったらしい。
それぐらい面白い作品である。

オラトリオは「聖譚曲」と訳される。
宗教的な題材を用い、多くは聖書から取った台詞が使われる。
声楽とオーケストラによって演奏される。オペラとは類似するが、演技があるわけではなく、大道具等も用いない点でオペラとは異なる。

ヘンデルはオラトリオを得意とし、多くの作品があるが、「メサイア」はその代表曲。
チャールズ・ジェネンズという人が歌詞をまとめ、ヘンデルに作曲を依頼した。
オペラの大家だったヘンデルは、得意の手法を取り入れて、非常に多彩な音楽を作り上げた。
一説にはこの大曲をわずか24日間で書き上げたと言う。
全曲で約2時間半ほどかかるが、全く飽きさせず、一気に聴ける。

全体は3部に分かれている。
 第1部は「救世主生誕の予言と誕生」
 第2部が「救世主の受難と復活」
 第3部が「永遠の生命」
で、有名な「ハレルヤコーラス」は第2部の最後にある。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア