FC2ブログ

自分はどんな鳥見をしているのか

明けましておめでとうございます。

2010年も約250種類程度の鳥を観察することが出来ました。
今年もどんな鳥との出会いがあるのか、楽しみなことではあります。

去年の鳥見を振り返る、などという大袈裟なことではないのですが、最近は鳥見の状況が随分と変わって来たように思えるので、自分のスタンスをちょっと見直してみようという気持ちでこの記事を書いています。

鳥見が探鳥ではなく撮影中心になり、観察者は少なく、カメラの砲列が並ぶばかりという状況になったのはここ数年のことだと思います。
勢い珍鳥重視の傾向になり、皆が情報で動きます。
情報に乗れば何でも見られる時代。もちろん、それにはお金が必要です。
それは昔から言われたことで、ライフリストが300種超えたら1種何万円、などと揶揄を込めて言われました。
以前は300種見れば上級者と言われ、探鳥会のリーダーが務まるはずでした。なぜなら普通に鳥見をしていると、300種に達するにはほぼ10年を要したからです。
が、今では300種を越えた人が「私、初心者ですから」などと平気で言う時代になりました。

・・・・・・

去年、自分はどういう探鳥をしたのか、記録を振り返って見ます。
ここで
 「定例探鳥会」というのは、私が活動している茨城県牛久市内での探鳥会。
 「地元」というのは、茨城県牛久市、龍ヶ崎市、土浦市、つくば市周辺を指します。大まかに”手が届く範囲”というような感覚。
 「MF(マイ・フィールド)」というのは私が勝手に設定している広義のもので、具体的には利根川の両岸25km程度の地域の中で、茨城県と千葉県に含まれる地域を指します。(MFとしては広すぎるようですが)
従ってここには銚子や三番瀬などまで含まれます。

□探鳥会 37回
 ■定例探鳥会   10回(全12回のうち1回は中止、1回は欠席)
 ■地元での探鳥会  5回
 ■MFでの探鳥会 13回
 ■その他の探鳥会  9回
そのうち珍鳥目的の探鳥会は、MFで1回、その他で2回あったが、3回とも千葉県内
その他の7回の内訳は、茨城2回、埼玉1回、栃木2回、群馬1回、長野1回。長野のみ1泊。

□ボランティアとして参加した調査活動 9回(全て地元)

□個人での観察 151回
 ■地元  67回
 ■MF  61回
 ■その他 23回
その他の23回には探鳥目的ではない10回を含んでいるので、探鳥目的で遠方あるいは、やや遠方に行ったのは13回。
「遠征」というのは好きな言葉ではありませんが、それに該当するのは飛島(山形)と北海道の2回だけで、あとの11回は近県。(茨城2回、千葉2回、栃木2回、群馬1回、東京1回、神奈川3回)
そのうち珍鳥目的は3回。2回が千葉県、1回が神奈川県で、いずれもさほど遠い場所ではありませんでした。

合計197回
1日に複数行っている場合もあり、1回の探鳥が数日に渡る場合もあるので、日数としては188日になります。大体2日に1回は鳥見をしていることになります。


今年はどんな鳥見をするのか。1年経ったらまた振り返ってみましょう。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア