FC2ブログ

スズガモ@涸沼




スズガモ
カモ目カモ科
体長45cm
撮影 2013.12.1 茨城県、茨城町~大洗町

毎年この時期に、涸沼から大洗周辺の海岸を含めた探鳥会を行っている。
涸沼周辺で4箇所ほどのポイントと涸沼自然公園、大洗港、平磯海岸、阿字ヶ浦まで一周する。
淡水域から汽水域、海岸から野山、葦原から農耕地の鳥まで広範に観察できるので、非常に面白いルートだと思っている。

通常なら60種類程度は見られるはすだったが、今年は48種類に留まった。(去年は同じルートで64種類確認)
残念ながら今年の冬鳥は寂しそうだ。


涸沼は、茨城県では霞ヶ浦(北浦を含む)に次ぐ面積を持つ汽水湖で、ラムサール条約登録を目指している。
スズガモの飛来数が多いことも登録を目指す理由のひとつ。ここの飛来数は1万羽前後にはなると思われる。
いつもの年に比べ、スズガモの群れに混じっているキンクロハジロやホシハジロの数が多いように思われた。
いつもは見られるホオジロガモは見られなかった。


飛んだ時の翼を見る。
次列風切から初列風切まで、白い翼帯が出る。
コスズガモの場合は次列風切だけが白い。
これぐらいのスズガモがいれば、コスズが混じっている可能性は高いと思う。一応注意しては見るが、距離があるせいもあり、そう簡単ではない。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こちらのスズガモの多く入る池にはまだほとんど入っていませんでした。
今年はどうしたのだろうと地元の方が言っていました。
これから入るのか、入らないのか今後を見守りたいです。
ナイス!

No title

数千羽ほどは入っているのでしょうね。
真っ黒い帯になるほどの数、にはまだまだの感じです。
他のカモ類も少ないのが今年の傾向ですが、ちょっと残念です。
プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア