FC2ブログ

2013年秋のシギチ観察状況

冬鳥のタゲリが来たところで一段落として、茨城県南での今秋のシギチ観察状況のまとめ。



今年は例年に増して休耕田が少なくなったため、多くは蓮田での観察となった。
よく知られた数箇所の蓮田に集中する傾向はここ数年続いている。
留鳥、冬鳥を含めてだが、合計24種類は大体例年通りと言える。
今年は、アメリカウズラシギ2個体を観察したのと、あまり内陸には来ないメダイチドリを観察したのが珍しかった。
レンカクはタッチの差で見逃した。(遅かったのではなく、早かったという意味)

オオハシシギ、エリマキシギ、ハマシギなど退去したような印象だが、これらは越冬する傾向があるので、今後また観察されると思う。


今日は写真がないので、11/9撮影の写真から



エリマキシギ



タカブシギ



ハマシギ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア