FC2ブログ

B787、上空通過


撮影 2013.11.11 茨城県龍ヶ崎市

成田空港を離陸した日本航空のB787が上空を通過する。
この角度から見ると、特徴的な主翼の形状がよくわかる。
アジサシ系かアマツバメ系を思わせる形状である。
この微妙に捩れて尖った翼は、アスペクト比(長さと巾の比)が11ほどもあると言う。
B767のアスペクト比は8、B777で9と言うから、787の翼がいかに細長いかがよくわかる。
これによって、ウイングレットを付けるよりも誘導抵抗が減るのだそうだ。
それは燃費を向上させる手段なのだが、自動車でも飛行機でも技術革新の余地はまだまだあるということだ。
エンジンナセル後部のギザギザも、空気の流れを整えて騒音を軽減するための工夫である。

ところでB787で相次いだ、バッテリーの不具合は解決したのだろうか。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア