FC2ブログ

ハチクマが渡る

ハチクマ
タカ目タカ科
体長 ♂57cm ♀61cm
撮影 2013.9.22 長野県旧奈川村(現松本市)白樺峠

毎年行っている白樺峠の探鳥会だが、今年は9月21~22日に日程を立てた。
渡りのピークとあってかなりの混雑が予想されるので、1泊して2日目の早朝から観察しようと考えた。
実際のところ、21日は多少渋滞もあって現地到着が昼近くになってしまったので、これでよかったと思っている。

結果的には、17日から25日までの9日間の中で、少ない方のピークに当たってしまった。
晴天続きの6日目とあっては仕方がなかったかも知れない。
カウント出来たタカの数は99羽だった。
種類はサシバ、ハチクマ、ノスリ、ツミ、チゴハヤブサの5種類
ミサゴも出たようだが、自分は確認できていない。
7時間半で100羽程度というと、この時期としてはハズレということになろうが、比較的近くを旋回する個体もいて、数の割には楽しかった。
というか、1年に1度、ここでタカの渡りを観察することが何よりも楽しみなので、あまり贅沢は言うまいと思う。



だんだんとハチクマが増えてくる時期で、30羽ほどのハチクマを観察することが出来た。
もちろん、他のタカも楽しみなのだが、地元で見るチャンスが少ないハチクマはここで特に見たいもののひとつである。




♂成鳥
左右の換羽状態が違うのか、左翼の翼先分離が6枚でなく5枚に見える個体
通常は左右対称に換羽は進行する
尾羽も換羽途中




これもP4が伸長中で、P5~10が旧羽の♂成鳥




これも♂成鳥




尾羽がボロボロで、♂♀がはっきりしない。
これもP4が伸長中

ハチクマは、渡り途中で換羽すると言われていて、このように風切が欠けている個体が多い。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア