FC2ブログ

オグロシギ@茨城

オグロシギ
チドリ目シギ科
体長38.5cm
撮影 2013.8.24 茨城県

オグロシギはオオソリハシシギと近い種類で、淡水域を好むが干潟でも見ることがある。
オオソリハシシギは干潟に多く、内陸に入ることは少ない。(自分自身は、当地で見たことはない)
秋の通過個体はほとんどが幼鳥で、成鳥を見ることは少ない。

手元の記録を見ると、当地(茨城県南の淡水域)でのオグロシギ初見は
 2012年 10/19
 2011年 9/7
 2010年 9/4
 2009年 8/18
 2008年 8/23
 2007年 8/27
だが、2009年8月18日の記録は成鳥で、幼鳥の記録は9月5日である。
幼鳥を見た記録としては2008年の8月23日が最も早い。
だから、今年のオグロシギ飛来はかなり早いということになる。

オグロシギ幼鳥は初め1~3羽程度が飛来し、次第に数が増え、20羽以上の群れになって1か月程度滞在する。
そしてある日突然いなくなる。
そういった傾向をここ数年見てきたが、去年は飛来と退去が1か月ほども遅くなった。
今年はどうなるのか注目していたのだが、意外に早い飛来だった。



とりあえず、今シーズン初認のオグロシギは、タカブシギに混じった1羽




そのあと、8羽の小群を見つけた。
オグロシギというと結構大型の鳥という印象があるが、コサギと比べるとこんな感じである。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

オグロシギが入りましたか。 こちらではまだのようです。
こちらでは、オグロシギは汽水域か田んぼで見られることが多いです。
オオソリハシシギは昨日も見ましたが、海ですね。
オグロシギにも会いたいです。
ナイス!

No title

オグロシギは9月に入ってからの場合が多いですが、今年は少し早かったようです。
例年ですと、これから増える時期になるので、楽しみのひとつです。
プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア