FC2ブログ

コロニーにて

撮影 2013.7.13 茨城県土浦市

土浦のコロニーには、コサギ、チュウサギ、ダイサギ、アマサギ、ゴイサギの5種類が営巣している。
県北の別のコロニーには、加えてアオサギも営巣している。
種の違いを超えて一緒になっている理由は、大集団になることで天敵から身を守るためだろうとは思うが、一体どんなプロセスを経てコロニーが形成されてきたのだろうかと考えると非常に興味深い。

営巣地ではなくても、カモ類、シギ類、カモメ類など、異なる種が(もちろん、多少の争いはあるものの)一緒に大きな集団を作っている例を数多く見ていると、人間はもう少し野生動物を見習った方がいいように思う。

ちなみに人間は「人種の違い」というようなことをよく言うが、人間は全て同種であって亜種の区別もない。
原生人類に一番近い亜種は、すでに絶滅した「ネアンデルタール人」である。
仮に今ネアンデルタール人が存在しているとして、我々はネアンデルタ-ル人と共存していけるのか?

・・・・・・









コサギ
間に合わせのデジスコシステムの割には、結構よく写る。







ゴイサギ幼鳥と成鳥
アップばかりが能ではないが、とりあえず大写しを狙って見た。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

5種のサギの営巣地ですか。 かなり広い場所なのでしょうね。
アマサギやゴイサギも営巣していたら、一堂に観察できて良いですね。
ゴイサギは、おしゃれなサギなので好きです。
ナイス!

No title

かなり目立つ場所なので、割と知られたコロニーです。
関東でも最大級のコロニーだと思います。
ここではアオサギはあまり見られないのが面白いところでしょうか。
プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア