FC2ブログ

聖橋とお茶の水橋



聖橋

震災復興事業の一環として、1927年に完成した。
聖橋の名は、「湯島”聖”堂」と「日本ハリストス正教会復活大”聖”堂(ニコライ堂)」を結んでいることに由来すると言われる。
設計は建築家山田守。
山田守の作品で、一般によく知られているのは、日本武道館と京都タワーだと思うが、この橋は多くの人々に親しまれている。

お茶の水橋から見る。
神田川は人工の川だが、東京でもこれだけの渓谷美を誇る場所はない。
右はJRの御茶ノ水駅。
聖橋の向こうに、地下鉄丸の内線が姿を現す。
ここではごく近い範囲で総武線、中央線、丸の内線の線路が3段になっている。
ポイントをうまく狙えば、3本の電車を1枚の写真に収めることも可能。
なお、この地下には千代田線が走っている。千代田線は丸の内線よりも新しく、深いところを走っているので、神田川はそのまま地下で越えている。
地下鉄丸の内線は面白い路線で、この場所の他に茗荷谷駅と後楽園駅の周辺でも地上を走っているし、四ツ谷駅では駅の部分だけ地上に出る。




お茶の水橋

隣の聖橋が余りに美しいので、非常に損をしている感じの橋。
いかにも実用一点張りの印象だが、構造的には面白い橋である。
ラーメン橋の一例としてよく紹介される橋。意外に鉄骨のラーメン橋というのは少ない。
しかし、この橋は橋脚の外側(両岸側)が片持ちになっていて、それに橋桁が乗る形になっていて、ラーメン橋とゲルバー桁の組み合わせという珍しい構造になっている。
「ラーメン」というのは、ドイツ語で「架構」を表わし、柱と梁(この場合は橋脚と橋桁)が剛接合になっている構造を言う。
建築ではごく一般的な用語。
地味に見えてしまうのは、思うに色がよくないのだと思う。自然の中なら赤が映えると思うが、こういう場所だから白がいいのではないか。

バックに、ノーマン・フォスターの日本での最初の作品「センチュリータワー」が聳えているのが、個人的には好みの風景。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア