FC2ブログ

フラッグ付きトウネン@谷津干潟


トウネン
チドリ目シギ科
体長15cm
撮影 2013.5.5 千葉県習志野市谷津干潟

この日多くのハマシギに混じって、少数のトウネンが観察出来た。
この時期のトウネンは、多くが夏羽になっていて、とても綺麗である。

中にフラッグを付けた個体が1羽いた。
右足に黄色と白のフラッグ、左足に金属リング。

日本では黄色いフラッグは使わないので、とりあえず海外放鳥であることはわかる。
ちなみに、日本では金属リングは右足に付けるのが決まりで、標識調査では厳密に守られている。
シギチに付けられるフラッグは左足に付けられ、右足には金属リングが付けられる。
ただし、北海道のコムケ湖だけは例外で、左足に金属リングが付く。その理由はわからない。


帰ってから調べて見ると、これはロシア、サハリン放鳥の個体であることがわかった。
海外で放鳥され、国内で記録されたトウネンの記録を見ると、オーストラリア放鳥の個体が多いようだが、サハリンのものはそれに次いで多い。
小さな鳥だが、その渡りはダイナミックなものである。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

サハリンからはるばるやってきたのですね。
というか、この時期なので南からやってきてサハリンへ向かう途中ですね。
シギ、チドリは本当に小さな固体にもかかわらず長距離を移動します。
本当にすごいなぁと思います。
ナイス!

No title

フラッグがつくだけでどのように移動しているかまでわかるようになって夢が広がりますね。

No title

野鳥太郎さん、ありがとうございます。
下のフラッグの色が微妙だったのですが、白ということで山階に確認してもらいました。

No title

茅ヶ崎さん、ありがとうございます。
私もサハリン放鳥の個体は初めて確認したので、ちょっと嬉しかったです。
プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア