FC2ブログ

左近の桜(茨城県水戸市)

左近の桜
茨城県水戸市(偕楽園内)
撮影 2013.4.3

左近の桜、右近の橘と言う。
京の紫宸殿の前庭に、建物から向かって左に桜、右に橘が植えられていることを指す。
現在の京都御所にも左近の桜、右近の橘はある。
折しも、4日から8日まで京都御所の一般公開が行われているので、ニュース映像でも左近の桜は度々登場しているかも知れない。



偕楽園にある左近の桜は現在3代目。
1963年に京都御所の桜から根分けされたもので、意外に若く、樹齢はまだ60年に満たない。
種類はシロヤマザクラで、非常に整った樹形をしている。


何しろロケーションがいい。
水戸市というところは、中心部に千波公園と偕楽園という大きな公園を持っている。
中心部にこれだけの規模の公園を持つ都市は世界的にも珍しいのだそうだ。

偕楽園は日本三名園のひとつとされる。
九代藩主徳川斉昭が、領民と偕(とも)に楽しむ園という意味で造成した公園である。
偕楽園は高台に位置するため、左近の桜は周囲からもよく見える。

この日水戸方面に用事があったので、チャンスがあれば見ようかとは思っていたが、台風並みの雨風であきらめていた。
5時ごろになると雨もやみ、雲の切れ間から太陽も顔をのぞかせるようになってきたので、一応行って見ることにした。




夕日を浴びた左近の桜は、さながら朝日を浴びた王仁塚のサクラのようだった。




偕楽園を象徴する好文亭と程よい位置関係にある。




嵐のような一日の最後、去りがたい風景だった。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

nice

No title

きれいですね。

No title

流石でございます~~<m(__)m>
品良く、実に良い形!
素晴らしいです!
特に夕陽を浴びた姿は夢心地ですね~~
ポチ!

No title

皆さん、コメントありがとうございます。
やっぱりこの日来てよかったとつくづく感じました。
県内ながら、なかなか見られなかった桜でしたが、いい時期に見られてとてもよかったです。
プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア