FC2ブログ

亜種タイミルセグロカモメ@銚子



亜種タイミルセグロカモメ
チドリ目カモメ科
体長55cm
撮影 2013.3.3 千葉県銚子市

日本産鳥類目録第7版で、ニシセグロカモメの亜種という扱いになったことはすでに何度も書いた。(そろそろ、しつこいと言われそうだが)
ニシセグロカモメの学名は Larus Fuscus である。(学名はイタリックで書くのが決まりだが、読みにくいのでこのままとさせていただく)
Fuscus というのはラテン語で「黒い」を意味する。
確かに海外の図鑑でニシセグロカモメを見ると、オオセグロカモメやウミネコよりもずっと黒い。
写真の個体は比較的濃い方だと思うが、これを Larus Fuscus であると書くと、海外のバードウォッチャーからは「違う」と言われそうだ。
亜種なら亜種で、区別できるような和名を付けてほしいところだ。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア